サンタ バルカ

高速運航が可能な
タイヤをぶらさげた武骨で堅牢な小型船。

交通船として羽田空港沖に新滑走路を建設中、建設作業員を沖合いの現場まで送迎していた船。 武骨でタイヤなどをぶら下げたままの姿で運航しています。これこそなかなか乗ることのできない船。
船名の「サンタ バルカ」は、イタリア語で「聖なる小舟」を意味しています。
スピードをいかして、「交通船で行く工場夜景探検ツアー」「横浜パノラマクルーズ」で運行中。
船内トイレ付。

 

総トン数 18.00t
旅客定員 80人
最大出力 575ps × 1
湾内航海速力 16kt
全長 16.92m
船幅 4.48m